【おすすめ工具】フィルムカッター スリッター の使い方

※当サイトは記事内にアフィリエイト広告を利用しています。
ヒゲオミ
ヒゲオミ

「フィルムカッター」「スリッター」という工具をご存知でしょうか?
今回は便利工具 裏紙カッターを記事にしました。

この記事はこんな方におすすめ

  • リメイクシートの裏紙(剥離紙)だけをカットしたい
  • 作業台を使わずにシートや裏紙を浮かせた状態でカットしたい
  • 切れ味が落ちても、刃を交換して長期間使いたい
  • 実際使ってみてどうなの?

リメイクシートやダイノックシートを貼る時によくある悩みですが、ポイントさえ押さえれば上手に裏紙だけカットできます。
私が普段使用しているフィルムカッター2つの写真を使って詳しく紹介します。
「フィルムカッター」「スリッター」を買おうか悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

それでは解説します。

スポンサーリンク

リメイクシート・ダイノックシートについて

リメイクシート・ダイノックシートとは、粘着剤付きの化粧シートのことを言います。
表面はさまざまな柄や色があり、デザインがとても豊富です。

ヒゲオミ
ヒゲオミ

写真は、シートの表面と裏面です。

フィルムカッターの使い方_1

今回は、裏紙だけカットするやり方の説明になります。
まず、シートを裏返して裏紙を少し捲ります。
捲ったら、写真の様にフィルムカッターを裏紙に差し込みます。

ヒゲオミ
ヒゲオミ

表のシートも一緒に差し込むと、一緒にカットされますのでご注意ください。

フィルムカッターの使い方_2

先程差し込んだフィルムカッターを、手前に引っ張りながらフィルムをカットします。作業はこれだけです。

フィルムカッターを使わない場合

フィルムカッターを使わない場合は、裏紙を折り曲げて貼ることが多いです。
折り曲げて作業する場合、貼り始めがズレて真っ直ぐ貼れない!などシート貼りの難易度が高くなります。
正確な位置合わせが必要なければ、フィルムカッターがなくても大丈夫です。

フィルムカッター本体の違い

フィルムカッターは2つ持ってます。
値段としては¥3,000程度と¥1,000程度の2つです。
どんな違いがあるのか?替刃は使えるのか?等が気になって買ってみました。

フィルムカッター本体_¥3,000程度

写真は¥3,000程度の物です。
特徴としては、サイズが小さい・持ち手が曲がっている・替刃が10枚セットです。
持ち手が曲がってると、手首を曲げる必要がないので真っ直ぐカットしやすいです。

DIYリフォームのお店 かべがみ道場
¥3,255 (2023/09/14 01:40時点 | 楽天市場調べ)

フィルムカッター本体_¥1,000程度

写真は¥¥1,000程度の物です。
特徴としては、サイズが大きい・持ち手が真っ直ぐ・替刃が2枚セットです。

並べて比べてみた

それぞれ並べて、本体をバラしてみました。
替刃はどちらでも使用可能です。ほとんど気になりませんが、¥1,000程度は少しガタがあったりと精度は少し低いです。DIYで使うのであれば¥1,000程度の方でも十分だと思います。

替刃

替刃は厚さ0.15mmで10枚入でした。
1枚1枚ていねいに梱包されてます。錆びの心配はなさそうですね♪

スキージーについて

シートを貼る時は、写真のスキージーを使うと空気が入りずらくキレイに貼れます。
サイズもコンパクトで持ち運びやすいです。
他にも、プラスチック製で傷が付きにくい、先端にフェルトを付ければリメイクシートへの傷も保護できます。

最後に

「フィルムカッター」「スリッター」はなくても困らない工具ですが、あれば自分でリメイクシートやダイノックシートを貼ってDIYの幅を広げることが出来ます。色々なメーカーさまでも似たような商品がありますので、持っていない方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

ヒゲオミ
ヒゲオミ

今回の投稿が、みなさんのDIYで参考になれば幸いです