【DIY豆知識】スーツケースのキャスター修理 自分で交換 簡単に節約

※当サイトは記事内にアフィリエイト広告を利用しています。

この記事はこんな方におすすめ

  • スーツケースのキャスターが壊れてしまった
  • タイヤが劣化して走行中にガタガタうるさい
  • 真っ直ぐ進まない
  • 業者に依頼すると高そう

スーツケースをお持ちの方であれば、一度は悩んだこともあるかと思います。
修理方法さえ分かれば、誰でも簡単にキャスター交換はできるようになります。
今回は私が実際にキャスター交換した時の写真を使い詳しく紹介します。
スーツケースのキャスター交換をしようか悩んでいる人はぜひ試してみてください。

それでは解説します。

スポンサーリンク

使用した材料

  • ゴム車輪
  • ボルト
  • ナット
  • ワッシャー
ヒゲオミ
ヒゲオミ

材料はネットで購入し、ポスト投函で翌日に届きました。

使用した工具

作業時の注意点

各パーツのサイズを測る

タイヤの直径、タイヤの幅、軸の直径を測ります。
正確なサイズを知りたい方は、軸を切断後に測定ください。
キャスターを購入する前に必ず測定しましょう。

材料を準備

先ほど測定した寸法を参考に各パーツを用意してください。
今回は楽天で、下記内容が入ったキャスター交換キットを購入しました。

  • 40mmキャスター(タイヤ)4個
  • ボルト8本(軸長 35mm)
  • ネジ8本 
  • ワッシャー10枚
  • 六角レンチ4本

キャスターのすき間にノコギリを入れ車軸を切断する

金属の切断は木材を切断する時に比べ、時間がかかります。
また、切断する際にキャスターが動きますのでテープで固定するなどした方が作業しやすいです。

ノコギリはLENOX製の物を使いました。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥1,310 (2023/09/13 03:29時点 | 楽天市場調べ)

切断した車軸とキャスター

ボルトを切断するのに5分ぐらいかかりました。
先にボルトを切断してから、各パーツのサイズを測る方が正確です。

ヒゲオミ
ヒゲオミ

私はせっかちなので、ボルトを切断する前にキャスターセットを購入しました。

キャスターを外した状態

古いキャスターを外したら、受け側にゴミが付いてます。
この機会に清掃を行いましょう。

新しいキャスターを取り付ける

キャスターとボルト、ネジを写真の様に手で仮固定します。
この時、キャスターのすき間が広ければワッシャーを入れてすき間をなくしましょう。
この作業をしないとグラグラします。
最後に六角レンチを2本使って締め付ければ完成です。

イーバリュー (E-Value)
¥770 (2024/01/10 00:49時点 | Amazon調べ)

完成写真

新しいキャスターは、動きがスムーズで上手くいったと思います。これであと数年は使えそうです。
費用としては、キャスター交換キット(¥1,000程度)で修理出来ました。
業者に依頼するよりお得に出来ますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ヒゲオミ
ヒゲオミ

今回の投稿が、みなさんのDIYで参考になれば幸いです

※スーツケースを直して旅行に行かれる方はこちら【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!