【DIY豆知識】アーマオールの使い方や実際に使ってみた感想

※当サイトは記事内にアフィリエイト広告を利用しています。

劣化したゴム、プラスチック、ビニールレザー、などの「ツヤがなくなった」・「劣化が早い」と悩んだことはないでしょうか?
みなさんよくある悩みと思いますが、アーマオールを使えば合成素材の保護・ツヤ出しができます。
今回は私が使用しているカバンや靴にアーマオールを使用した事例を紹介します。
合成素材の保護・ツヤ出しに悩んでいる人はぜひ使ってみてください。

それでは解説します。

スポンサーリンク

アーマオールとは

ゴム・プラスチック・ビニールレザーなど、あらゆる合成素材の保護、ツヤ出しに使用するアイテムです。
特徴としては、紫外線による日焼けや色褪せ、ひび割れを防止し素材にツヤをあたえます。
主に自動車の内装(ダッシュボード、ビニールレザーの内張り、ドア部分、窓枠部分)・外装(タイヤ、無塗装ウレタンバンパー、ホース、ビニール屋根部分)に使用されます。

ヒゲオミ
ヒゲオミ

ホームセンターではなく、カー用品店に売っていることが多いです。

使用前の準備

まずはアーマオールと布を準備しましょう。
布にアーマオールを吹きかけて保護・ツヤ出ししたいアイテムに塗布します。

カー用品のホットロードタイヤ
¥913 (2023/09/13 23:15時点 | 楽天市場調べ)

カバンへ使用した場合(使用前)

まずはアーマオールを塗る前に、汚れを落としましょう。
このカバンは3年ほど前に購入し、今までメンテナンスしてませんでした。

カバンへ使用した場合(使用後)

これはアーマオールを1回塗布した後の写真です。
思った以上にキレイになって大満足です!!

ヒゲオミ
ヒゲオミ

2回3回繰り返して使用すると、もっとキレイになります。
気になった方は試してみてください。

靴へ使用した場合(使用前)

次はアーマーオールを靴へ使います。
靴は革製品です。

靴へ使用した場合(使用後)

ツヤが戻って満足してます。
汚れも付きずらそうで、ツヤがいつまで持つか楽しみです。

最後に

アーマオールを色々調べていたら、ツヤなしタイプもあるそうです。(今は見つかりませんが。。。)
テカテカが苦手という方は参考にしてください。
アーマオールは量も多く、1度で使い切れないと思います。
劣化が気になった時に役立つアイテムなので、1つ持ってみてはいかがでしょうか。
作業はとても簡単です。挑戦した事がない方は一度チャレンジしてみてください。

カー用品のホットロードタイヤ
¥1,488 (2023/09/13 23:19時点 | 楽天市場調べ)
ヒゲオミ
ヒゲオミ

今回の投稿が、みなさんのDIYで参考になれば幸いです